• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別
HOME > 悩み・症状別

悩み・症状別

頭痛、しびれ、めまいなどの不快な症状に、重大な脳の病気が潜んでいることもあります。
気になる症状があれば早めに専門医院を受診しましょう。



頭痛

頭痛

脳神経外科の外来で一番多いのが「頭痛」です。
原因がはっきりしないものを「一次性頭痛」といい、病気の症状として起こるものを「二次性頭痛」といいます。
頭痛にもさまざまな種類があり、それによって考えられる病気が異なります。

片頭痛

比較的若い方や女性に多いのが片頭痛です。
こめかみから目の周りが脈打つように痛み、それに伴い肩凝りや吐き気などの身体的な症状が伴うこともあります。何らかの原因で脳の血管が拡張し、それによって周囲の神経が刺激を受けて痛みを感じるようになります。
症状がひどい場合は他の病気が隠れている場合もあるので、早めの受診が必要です。

<原因>

寝不足、寝過ぎ、女性ホルモンの変動、空腹、疲労など

緊張型頭痛

40~50代になると増えてくるのが緊張型頭痛です。
首筋から後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような痛みがあります。首や肩の筋肉が緊張することで血流が悪くなり、筋肉内に老廃物がたまって周囲の神経を刺激します。これによって痛みが生じます。

<原因>

精神的なストレス、コンピューター操作のような長時間の同じ姿勢など

突然の強い頭痛

突発性の頭痛で「バッドで殴られたような」衝撃のあるものは、裏に重篤な脳の病気が隠されているので、一刻も早い受診が必要です。
頭痛の他にも吐き気や、ひどい場合はこん睡状態に陥ることもあります。

<原因>

クモ膜下出血などの脳出血など

めまい、ふらつき

めまい、ふらつき

周りの景色が回るようなめまいや、フワフワした感覚があるふらつきには、持続時間が1時間以内の「軽症タイプ」と、24時間以上も続く「メニエル病タイプ」に大別されます。脳疾患の代表的な症状でもあるので、注意が必要です。

軽症タイプ(継続時間が1時間以内)

<原因>

現部椎間板ヘルニアなどによる、頚部の自律神経の傷害など

メニエル病タイプ(継続時間が24時間以上)

<原因>

内耳の障害が原因で起こるメニエル病、特に小脳の脳梗塞、脳腫瘍など

力が入らない、しびれ

力が入らない、しびれ

手に持った物をひんぱんに落とす、物を掴みにくい、手足がしびれたような感覚を覚える場合は、脳疾患が原因のものから、骨や神経の異常、内科的なものまでさまざまな原因が考えられます。

手足を含む半身のしびれ

<原因>

脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脊髄などの障害など
特に急激にしびれが襲ってきた場合は、脳梗塞、脳出血の場合もあります。

片手・腕のしびれ

<原因>

頸椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症など

片足のしびれ

<原因>

腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症など

手のひら、足の裏だけのしびれ

<原因>

末梢神経の圧迫、糖尿病などの内疾患による末梢神経障害など

ろれつが回らない、言葉が出ない

ろれつが回らない、言葉が出ない

ろれつ障害、言語障害は、いつの間にか起こるものと、ある日突然起こるものがあります。脳梗塞など重篤な脳の疾患が原因であることが多いので、早めの受診が必要です。

ろれつが回らない

言葉は出るものの発音がうまくできないケースです。飲み込みにくさ(嚥下障害)を伴うこともあります。

<原因>

小脳梗塞、小脳腫瘍、脊髄小脳変性症などの小脳障害、パーキンソン病、多発性筋炎など

言葉が出ない

言葉がうまく出てこない症状全般を「失語症」といいます。
話すことがうまくできない、言葉がぎこちなくなる、なめらかに話せるものの言い間違いが多くなるなどの症状が見られます。

<原因>

脳梗塞、脳出血、脳腫瘍など

記憶がない

記憶がない

記憶力は年齢と共に低下してくるのが普通ですが、同じことを何度も言う、今日が何月何日か分からない、さきほど食べたものが分からないなど、その進行が早い場合は「認知症」の疑いがあります。
認知症にも、「アルツハイマー型認知症」や「脳血管性認知症」などの種類があるので、早めの受診がおすすめです。

<原因>

脳が特殊な変化を伴って萎縮していく「アルツハイマー型認知症」、脳梗塞や脳出血を伴う「脳血管障害性認知症」など

見えづらい、二重にダブって見える

見えづらい、二重にダブって見える

40歳を過ぎると視力の衰えを感じるのが一般的ですが、なかには眼病や脳疾患が原因となる視力障害もあります。
特に急に症状が気になる場合は専門医にご相談ください。

見えづらい

<原因>

白内障、脳梗塞など

二重にダブって見える

<原因>

乱視、クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や脊髄小脳変性症など

うまく歩けない

うまく歩けない

全身の筋力は年齢と共に衰えていきます。しかし、歩行時に右や左に傾き、足腰が弱くなり、しびれ感が生じるようであれば、脳疾患や骨粗しょう症による異常が見つかることがあります。

<原因>

脳梗塞、骨粗しょう症に伴う脊髄の変形や椎間板ヘルニアなど