• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2017年8月17日 木曜日

痛みが悪化する前に服用するのがコツ

こんにちは。陣の内脳神経外科クリニックです。

 

トリプタン製剤には使い方に少々、コツが必要です。

片頭痛は予兆(前触れ)、前兆から発作が起こり、いったん、発作が始まると痛みが徐々に悪化します。

トリプタン製剤は発作が起こり始めてから遅くとも30分以内に服用することが大事です。具体的には前兆が始まったら用意するといいでしょう。

 

キラキラした光が出るなどの閃輝暗点(せんきあんてん)や、頭皮や肌の違和感が起こるアロディニアの症状が出たときがひとつの目安で、このようなタイミングで使用すれば、90%の人に効果が得られます。

一方、30分以降に使用すると50%以下になり、有効率が大きく下がります。

 

発作がひとたび起こると、脳神経が過敏になってしまうので、薬の効果を得られにくくなってしまうのです。

 

ところが、うまく薬を使えていない患者さんというのは意外に多いようで、服用の時期を調べた調査では患者さんの57%が

「なるべく我慢して使用している」

と回答しています。

 

これには、医師や薬剤師の服薬指導が十分でないことのほか、トリプタン製剤の値段が他の薬と比較し、高いという問題もあるかもしれません。

 

患者さんから聞いた話ですが、医師の中には、トリプタン製剤を1錠だけ処方して、

「どうしても我慢できない時に服用しなさい。」

間違って指導するようなケースもあるそうです。

 

 

頭痛、頭痛薬に関してもお気軽にご相談下さい。

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)

 



pic20170817105918_0.JPG

pic20170817105918_1.JPG

投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック