• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2017年7月20日 木曜日

トリプタン製剤について3【点鼻薬】

こんにちは。陣の内脳神経外科クリニックです。

前回の記事に続き、頭痛治療で登場する「トリプタン製剤」の形状についてお伝えします。

 

【点鼻薬】

スマトリプタン(イミグラン)には鼻に噴霧する点鼻薬もあります。

効果は注射剤と内服薬の中間と考えていいでしょう。

吐き気をともなう頭痛で、内服薬が服用できない場合などに向く薬です。

 

鼻粘膜は薬を吸収しやすいため(約15%)この作用を利用してこうした薬が開発されています。

経口薬に比べて大きな効果が期待できます。

また、即効性もあり、噴霧してから15分程度で効果があらわれます

 

使い方ですが、成人の場合は頭痛の発作時に1回1噴霧(スマトリプタンとして20㎎)を右か左、いずれか方側の鼻腔内に噴霧します。

鼻水や鼻づまりがある場合は使用する前に鼻をかむことが大切です。

 

噴霧器には1回の噴霧分しか入っていませんので、使用前に噴霧テストなどはせず、一気に噴霧する必要があります。

水無しで即効性がありますので小児にもおすすめです。

 

 

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)



pic20170720203415_0.jpg

投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック