• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2017年4月28日 金曜日

緊張型頭痛の治療

こんにちは。陣の内脳神経外科クリニックです。

 

緊張型頭痛は一般的に生活への支障が少ないとされているものの、慢性化してくると毎日のように頭重感に悩まされるようになります。

このため、痛みがつらい場合はこれを抑えるために消炎鎮痛薬を使います。

しかし、消炎鎮痛薬は依存性があり、薬物乱用頭痛を引き起こす原因になることはすでにご説明した通りです。大事なのは、薬はあくまでも、痛みが起こったときに一時的に使うということで、漫然と服用してはいけません。

 

このほか、予防薬として、血液の循環を促進して筋肉の緊張を緩和する筋弛緩薬痛みへの不安をやわらげて抗うつ薬抗不安薬などがあります。

 

しかし、予防薬であっても、長時間使うのは好ましいことではありません

緊張型頭痛はストレスや姿勢など、生活上の問題も大きな要因となるため、こうした問題を取り除く生活療法が大事です。

血行をよくするためのマッサージ頭痛体操などもいいでしょう。

 

なお、緊張型頭痛が重症化すると片頭痛に移行します。

こうなってしまうと、緊張型治療の治療はよくなりません。

また、緊張型頭痛だと思い込んでいたら実際には片頭痛であるケースや、首の筋肉の問題から起こる頚性神経筋症候群である場合もあります。

 

特に生活に支障が出るほどの苦痛がある場合は、こうした病気の可能性が高く、なによりも適切な診断が重要ですので、まずは、頭痛の専門医を受診するようにしましょう。

 

 

緊張型頭痛に関してのコラム バックナンバー

緊張型頭痛が起こったら

片頭痛と見分けが難しい「緊張型頭痛」

 

 

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)



pic20170428142036_0.jpg

投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック