• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2017年3月23日 木曜日

頭皮が円形状に痛む貨幣状頭痛

こんにちは。陣の内脳神経外科クリニックです。

 

貨幣状頭痛」という名前を初めて聞く方もいるでしょう。

名前の通り、頭皮部分が10円玉くらいのコイン状(楕円状もあり、範囲は2~6センチ径)に限定して痛む頭痛です。

 

特に頭頂部に多く発症し、慢性的に続く頭痛に加えて、ときおり刺すような痛みが起こったり、痛みが急激に強くなったりします。

 

原因は顔面の感覚を支配する「三叉神経」の末梢部の神経痛といわれており、約4割の患者さんは自然によくなりますが、中には慢性化したり、一度治った痛みが数週間から数ヵ月に再発することもあります。痛みは激痛のこともあり日常に支障を来します。

 

貨幣状頭痛を知らない医師も多く、医療機関でも診断できないことも多いようです。また、MRI検査によって、貨幣状頭痛の一部に下垂体腫瘍などの器質的病気が見つかった例も報告されています。

 

適切な薬物治療で痛みを軽減できることが多いので、頭痛外来を受診してください。

貨幣状頭痛があると薬物乱用を発症しやすいので、悪化させないためにも早めの対策がポイントとなります。

 

頭痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

 

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)



pic20170323164230_0.jpg

投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック