• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2017年2月28日 火曜日

側頭動脈炎が原因の頭痛(こめかみが痛い)

pic20170228100753_0.jpg

こんにちは。陣の内脳神経外科クリニックです。

 

「こめかみが痛くて耐えられません」

若い時から健康で、病院とは無縁の生活をしているというFさん(70歳)が来院されました。

痛いという部位を見せていただくと、おでこの横にある側頭動脈が浮き上がっています。

一目で「側頭動脈炎」とわかりました。

 

これは主に60歳以上の高齢者に発症する頚動脈とその分枝の側頭動脈の炎症を主訴をする原因不明の血管炎です。膠原病の一種で、リウマチ性多発筋痛症の症状が約30%の患者さんに認められ、難治性の病気として厚生労働省の特定疾患(難病)のひとつに指定されています。

 

治療はステロイドを中心とした内服療法ですが、痛む場所にステロイド薬を塗布するだけで改善されることも多いのです。

 

しかし、この病気についての医師の知識が不足していること、また、髪の毛に隠れて側頭動脈炎を見逃してしまい、片頭痛と誤診されてしまうケースも少なくありません。

 

進行すると、失明や麻痺が起こる危険もあるので、早期発見が必要です。

 

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)



投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック