• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2017年2月20日 月曜日

めまいをともなう頭痛

pic20170220180919_0.jpg

こんにちは。陣の内脳神経外科クリニックです。

 

前回お伝えした「耳鳴り」と並んで、めまいをともなう頭痛も患者さんの訴えが多いものの1つです。

 

主婦のN子さん(47歳)は月に数回、頭痛に悩まされることがあります。

最近は頭痛とともに肩こりめまいの症状があらわれるようになりました。

特にめまいがひどく、夕方に頭痛の発作が起こる時は、体や周囲が揺れるように感じることがあります。脳の病気ではないかと心配して、総合病院を受診。

脳のMRIを撮影しましたが異常はなく、困って来院されました。

 

詳しく問診をしたところ、N子さんの頭痛は片頭痛でした。

肩こりとめまいは片頭痛の前兆症状だったのです。そのことをお話しすると、とても安心されました。

片頭痛の予防薬を処方したところ、発作はほとんどなくなりました。3ヶ月後には発作の治療薬であるトリプタン製剤だけで過ごせるようになり、非常に喜んでいました。

 

このように、発作性のめまいはメニエル病よりも、片頭痛の前兆として出現することもあります。

一方、頭痛よりもフラフラ感と動悸パニック症状が頻発する場合は、頚椎椎間板ヘルニアを伴った頚性神経筋症候群が原因となっていることもあります。

 

OLのJ美さん(25歳)がそうでした。

症状が出るようになったのは2年ほど前。パソコンを使う仕事に従事するようになってからです。

J美さんはもともと首が弱く、頚部に椎間板ヘルニアがありました。そのことに気づかず、長時間、パソコンの画面に向き合っていたために全身の変調が起こっていたのです。

このようなケースでは、ネックカラー(頚椎を固定するために首まわりに装着する器材)で頚部の固定理学療法などの専門的な治療が必要ですが、デスクワークの姿勢や30分に1回の小休止を入れるなど、ライフスタイルの改善も必要になってきます。

 

めまい、めまいにともなう頭痛でお悩みの方は、1度ご相談下さい。

 

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)

 



投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック