• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2016年11月28日 月曜日

MRI検査について


こんにちは陣の内脳神経外科クリニックです。

本日は、脳ドックで行う検査の一つ、MRI検査についてお伝えします。

 

MRI検査とは、X線ではなく、磁気によって画像を得る検査法です。

強い磁場を作り出すトンネル状の大きな磁石の中に体を置き、ラジオ波という高周波を当てたときに、体内の分子がそれを吸収して送り返してくる反応をコンピュータで読み取り、画像として描き出します。

放射線を使わないので副作用が少ないのが特徴です。

 

CT検査・・・一方向の輪切りにした画像しか映し出せない。

MRI検査・・・縦横無尽にあらゆる方向から脳の断面画像を写し出すことができるため、CTでは見逃されやすい病変まで、鮮明に映し出せる。

 

また、脳梗塞を起こした場合、発症から24時間以内はCTの画像に異常があらわれませんが、MRI検査では発症間もない脳梗塞の病変や小さな梗塞などもハッキリと映し出せるのがメリットです。

 

脳ドック、MRI検査のお問合わせは下記までお願いします。

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)

 



pic20161128125544_0.jpg

投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック