• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2016年3月 1日 火曜日

緊張型頭痛が起こったら

pic20160301181317_0.png

春日市の陣内脳神経外科クリニックです。

前回お伝えした、片頭痛と見分けが難しい「緊張型頭痛」について、起こってしまったときの対処法をお伝えします。

 

緊張型頭痛の原因は首や肩の凝り血行障害なので、軽いものであれば薬を服用せずにセルフケアだけで良くなることがあります。

 

体を動かすことによって筋肉の緊張がほぐれ、血流が良くなるので、運動は有効です。

普段は緊張型頭痛に悩まされている方でも、週末、運動をするとよくなるというケースは結構あります。ただし、運動で悪化する場合は実は緊張型頭痛ではなく片頭痛であったり、緊張型頭痛と片頭痛が合併していたりということもあります。

 

お風呂に入って血行を良くすると痛みが和らぎます。アロマオイルを使用した首筋、肩周りのマッサージなども有効です。

 

頭痛でお悩みの方は陣内脳神経外科へご相談下さい。

福岡県春日市春日原北町3-63

陣内脳神経外科クリニック(0120-083-222)

 

福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル 1F

天神頭痛クリニック(092-791-3985)



投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック