• 脳ドッグの流れ
  • 脳ドッグ検査内容
  • 脳ドッグコースと料金
  • 悩み・症状別

脳ドックコラム

2015年12月 8日 火曜日

頭痛持ちは、天候の変化に敏感になろう

pic20151208203616_0.png

こんばんわ!

福岡市中央区天神、春日市にあります陣の内脳神経外科クリニックです。

本日は、片頭痛と天候についてお話します。

 

片頭痛の人はとにかく、天候の変化に敏感です。

特に低気圧が近づく時がそうで、曇りや雨の日は当院も頭痛発作でやってくる患者さんでいっぱいになります。

 

富士山など高い山に登ると、ペットボトルの容器が膨らんできます。これは上に行くほど気圧が低くなるためで、片頭痛の人の脳や血管、神経はもともと敏感なので、気圧が下がることで血管の拡張など何らかの変化が生じ、これが発作の引き金になっていると考えられます。

 

天候の問題は自分では避けようがありませんが、低気圧の影響でしょっちゅう頭痛が起こるような方は、外出の際にトリプタン製剤を忘れないように持参し、発作がひどくならないうちに早めに服用することをおすすめします。

 

曇や雨の日の頭痛が気になる方は、ぜひ当院へご相談下さい。



投稿者 医療法人陣の内脳神経外科クリニック